印鑑セットの種類

2017年1月13日 @ 5:28 PM

個人用の印鑑セットは実印、銀行印、認印に朱肉付きケースが付いたものがほとんどです。それぞれ単品で購入するよりお得ですので、就職祝い、卒業祝い、結婚祝い、成人祝いなどに使われることが多くなっています。法人の場合は会社設立時、または個人事業主として開業したときに必要な実印、銀行印、角印の3本セットや認印がプラスされた4本セットが人気です。セットには親子ゴム印が付いたもの、シャチハタ住所印がついたものもあり、使い勝手により選ぶことができます。

良い印鑑セットの見分け方としては、まず価格の安さだけではなくショップの運営内容をよくチェックしましょう。一日も早く印鑑が欲しい、とにかく急いでいる場合は別として安売り、即日納品をうたっているショップの印鑑セットの材質、印影、支払い方法、納期などを確認します。素材は自分で好きなものを選べるほうがベストです。印鑑は一度作ると長く使うものです。実印、法人印を含む場合は慎重に吟味することをおすすめします。

また印影の彫り方については、パソコンフォントを使い機械彫りで作るものと、手彫りのものとあります。機械彫りは早く安く仕上がるため、すぐに使いたい方、予算をかけたくない向いています。手彫りは耐久性にすぐれ文字の太さにも味わいがあり、同じ印鑑ができないことが特徴です。